切らない豊胸手術で手軽にバストアップ

垂れたりしぼんだりなど、加齢に伴いバストがボリュームダウンして悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。加齢によりコラーゲンが減少したり筋力が低下したりすると、ハリや弾力に満ちた美しいバストを保つことが出来なくなってしまうため、バストもエイジングケアが必要になります。バストのエイジングケアには様々な方法がありますが、美容クリニックで行う豊胸手術もその一つです。豊胸手術は外科的な切開をするものだけではなく、注射で手軽に行うことが出来るものも存在します。ヒアルロン酸注入や脂肪注入がそれにあたります。体への負担が少ない施術で、多くの女性に選ばれています。

ヒアルロン酸注入と脂肪注入

ヒアルロン酸注入による豊胸手術は、30程度で終わる手軽な施術です。ヒアルロン酸を注射で注入するだけなので局所麻酔のみでOKですし、費用が安いというのも嬉しいポイントです。ヒアルロン酸は時が経つにつれて体に吸収されるという性質があるため、バストアップ効果が持続するのは3年程度です。3年くらい経てば元に戻るので、お試し感覚でバストアップしてみたいという方にも最適です。脂肪注入による豊胸手術は、自分の脂肪を吸引してバストに注入するという施術です。自分の組織を注入するので安心ですし、脂肪吸引によって部分痩せをすることが出来るというメリットもあります。どちらの施術も入院の必要が無く、シャワーは翌日から浴びることが出来ます。切らない豊胸手術なので、傷跡が残らないというのが最大の魅力ではないでしょうか。

豊胸手術は昔の場合、シリコンなどをいれる方法が一般的でしたが、今はヒアルロン酸などを注射で注入するという方法が一般的です。