歯髄を除去して根管内を塞ぐのが根管治療

歯の根の中には神経や血管などが走っていて、その部分は「歯髄」と呼ばれています。また、歯髄が通っている管は、「根管」と呼ばれています。そして、虫歯の深部への進行や、外傷などにより、歯髄に炎症や細菌感染が起きる場合があります。そんな時に必要なのが、根管治療です。
細菌感染を起こした歯髄は取り除かなければなりません。この処置を、「抜髄(ばつずい)」といいます。そしてその後、根管を清掃し、 再度の感染を防ぐため根の中に詰め物をします。この一連の治療が、根管治療と呼ばれているのです。

歯髄の炎症や感染を放置しておくと、 歯が痛んだり、周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。場合によっては、リンパ節が晴れたり、発熱したりするなど、全身に影響を及ぼすこともあります。しかし根管治療によって、それらの症状を防ぐことができるのです。

根管治療のポイントはここ

根管治療は、精密さが要求される治療です。細菌に汚染された組織が除去し切れていないことが原因で、根管の先端に膿が溜まってしまい、再度の根管治療が必要となるケースもあります。ですから、歯髄をきちんと除去して根管内を無菌化し、同じくきちんとそれを塞がなければならないのです。

そのために必要なのは、設備と歯科医師の技術です。根管治療に適した検査・処置機器を備え、衛生面に気をつけている歯科医院であることが、まずは重要です。そして、治療はやはり手作業になりますので、歯科医師の経験、器用さや丁寧さも、重要なポイントとなります。

根管治療は歯の根っこの部分の治療のことで、自分の歯をそのまま残すことが出来ます。場合によっては神経も残すことが可能です。