患部をきちんと冷やすこと

夏などの暑い時期になると、ムダ毛を気にする女性が急増するものです。サロンやクリニックで脱毛を開始する女性は多いですが、肌をすべすべに保つには施術後にいくつか注意点があります。まず、レーザーや光を照射するとしばらく経っても皮膚の赤みやほてりが収まらないことがあります。その場合、肌が熱を持っている状態であるため、そのまま放置すると火傷するリスクがあります。したがって、濡らしたタオルで冷やすようにすると良いでしょう。外部から冷やすことで肌が沈静化されていきます。

施術後は保湿が肝心です

サロンで施術を受けた後は、レーザーなどの照射で肌は乾燥しやすい状態となっています。したがって、いつもよりも丁寧に保湿ケアを行うことが大事です。入浴後の肌が清潔な状態の時に専用のボディローションを使って保湿をすると良いです。ローションやクリームを塗布する際は、まず少量を手に取って手の平で温めてから使うようにしましょう。すると、クリームの伸びが良くなり、浸透力が高まりますよ。

肌に刺激を与えるのは厳禁

レーザーや光脱毛後は、過度にスキンケアをするのは厳禁です。例えば、ピーリング、アルコール系の化粧水でのスキンケアなどです。そもそも脱毛後の皮膚は、外部からのダメージを受けて免疫力が低下した状態です。そのため、過度にケアをすると刺激になって、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルに繋がる恐れがあります。とりわけアルコールやメントールなどが配合された化粧水は肌に大きな刺激になるので、避けたほうが良いでしょう。

VIOの脱毛は、デリケートゾーンへのダメージが少ない安全性の高い機器が使用されるため、肌が敏感な人や自己処理に失敗した人も安心して取り組めます。