シェービングは肌荒れの原因になる可能性が高い

自宅で気になるムダ毛のお手入れを行う方法として、多くの女性が利用しているのがボディ用のカミソリや電動シェーバーを利用してシェービングを行う方法です。目立つ部分だけ短時間で手軽にお手入れを行うことができるので、外出先にも持ち歩いているという方も少なくありませんが、シェービングは頻繁に行うとムダ毛だけではなく角質も除去してしまうので、肌の乾燥や肌荒れが起こりやすくなる傾向があります。
そのため乾燥肌の方などは、手入れ方法に注意をする必要がでてきます。

脱毛ケアに切り替えるのも1つの方法

普段シェービングでムダ毛のお手入れを行っている場合、毛穴から伸びている毛の部分しか処理することができないため、どうしても毎日お手入れを行う必要がでてきます。お手入れ頻度が高くなると肌への負担も増えるので、肌荒れが気になっている方は除毛ではなく脱毛ケアに切り替えることも肌を守る1つの方法です。
エステサロンや医療クリニックで脱毛を行う方法もありますし、脱毛ワックスや家庭用脱毛器を用意すれば、自宅でもしっかりケアをすることができます。

アフターケアは忘れずに

シェービング、脱毛どちらもお手入れを行った後は、肌は非常にデリケートな状態になっているため、乾燥しやすくなってしまいます。そのため肌を綺麗に健やかな状態で維持するためにも、お手入れを行った後はアフターケアとして保湿を念入りに行うことをおすすめします。
アルコールなどが配合されているローションは、肌に刺激を与えてしまうので低刺激のローションやミルク、ボディクリームを利用すると肌表面を整えて、炎症を抑えてくれる効果があります。

医療脱毛とは、美容外科・皮膚科など医療機関で行われる脱毛施術のことです。美容サロンで使用される光脱毛よりも、照射力の強いレーザーを用いることが特徴です。